理念

発達に心配のある子も
そうでない子も
ともに、生まれ育った地域で、
自分らしく生き生きと
笑顔で生活できるよう、
発達支援の拠点機能を果たします。

運営の方針

発達に心配のある子が、早期に必要な相談・医療・支援を受けられるようにします。

発達に心配のある子および不安を抱える家族が持てるカ・育つ力を、最大限に引き出す支援をします。

保健・医療・福祉・教育機関のネットワークを構築し、切れ目ない発達支援体制を整備します。

愛称の説明

施設の愛称すくも
みんな元気にすくすく育ってほしい思いを込めて
「すくすく育つこども」を略したものです。

キャラクター紹介

  • 種の妖精
    すーりん
  • 葉っぱの妖精
    くーりん
  • 花の妖精
    もーりん

愛称「すくも」につながるイメージ

  • 名前の由来
    愛称「すくも」の頭文字からとっています。
  • なぜ妖精なのか
    常に優しく見守っているイメージがあり、頭には種や双葉や花が付いていて、
    成長や開花を表しています。

岡崎市につながるイメージ

  • ほっぺに桜がある
    「日本さくら名所100選」に選定された岡崎公園や当施設に咲く、
    桜の花びらモチーフにしました。
  • 「りん」
    三河弁の語尾に使われています。

センター長のあいさつ

お子さまの健やかな成長は、すべての親の願いです。
お子さまに関する不安や心配は少しでも早く解消し
子育てを楽しんでいただきたいと考えています。
当センターは、子育ての楽しさがどんどん増すよう
全力で応援します。
たとえちょっとした心配でも、お気軽にご相談下さい。
医療や支援の専門スタッフが、あらゆる不安の解消にむけ
こころを込めてお手伝いします。

フロアマップ

アクセスマップ

自動車の場合

     
  • 名古屋方面から
    国道一号線「岡崎インター西」交差点左折、主要地方道
    岡崎環状線「根石小学校南東」交差点右折後、約200m直進し、
    「福祉の村バス停」手前を左折  
  •  
  • 豊橋方面から
    国道一号線「岡崎インター西」交差点右折、主要地方道
    岡崎環状線「根石小学校南東」交差点右折後、約200m直進し、
    「福祉の村バス停」手前を左折
  •  
  • 豊田方面から
    主要地方道岡崎環状線「根石小学校南東」交差点右折後、
    約200m直進し、「福祉の村バス停」にて下車

公共交通機関の場合

     
  • 東岡崎駅から市民病院行きもしくは、中央総合公園行きのバスに乗車し、
    「福祉の村バス停」にて下車

Google Map

拡大地図を表示

ページの
先頭へ